このエントリーをはてなブックマークに追加
101




1953年よりラジオ部品などを扱う店舗として営まれ、今ではビデオゲームショップとして広く知られる秋葉原駅電気街口前の老舗店「トキワムセン」が11月23日より営業を再開しているが、その姿が「自動販売機が3台置いてあるだけ」になっているという奇妙な現象が発生している。



営業再開したトキワムセン。 自販機が置いてあるだけ


駅前一等地で「自販機が置いてあるだけ」という贅沢すぎるスペースと化したトキワムセンだが、店頭に掲示された張り紙によると、こういう事情だそうだ。

お客様各位

店舗改装後の営業につきまして。

現在、納期の問題等により物販什器の準備が完了しておりません。
11月23日より営業を再開させていただきましたが、
飲料エリアのみの営業となっております。
ご不便をおかけ致しますが、什器設置が完了次第、物販販売の方を再開させていただきます。 よろしくお願いいたします。






ちなみに、そもそもなぜ休業していたのかという話だが、ツイッターの告知によると「店舗内装の老朽化」に伴う改装工事のためとのこと。



とはいえ、店頭の告知説明では「什器到着後も飲料エリアが残る」というようにも読めてしまうのだが、そうなるとこれまでのゲーム販売はどうなるのか、無料休憩スペースにでもするつもりなのだろうか、などといった疑問が残る。

準備が整った後もゲームショップとしての体裁でやっていくのならば、誤解を招きかねない店頭告知ではあるのだが、一体どうなるのだろうか。



自販機3台とフラワースタンドが置かれる店内


この時期だけのレアな光景、である事を祈りたい




■関連リンク
トキワムセン


この記事をリツイートする

このサイトの読者になる


【オススメ】更新情報をスマホ/PCブラウザにプッシュ通知 (対応:Chrome/Firefox/Android/iOS)



ツイート
Facebook