このエントリーをはてなブックマークに追加
006
お疲れ様でした




漫画「やえかのカルテ」「異国迷路のクロワーゼ」や、ライトノベル「GOSICK -ゴシック-」シリーズの挿絵などで知られる漫画家・武田日向さんが2017年1月に死去していた事がわかった。

9日発売の「ドラゴンエイジ」6月号と「GOSICK -ゴシック-」公式ブログで明かされた。


007
アニメ化もされた「GOSICK -ゴシック-」(Amazon


「GOSICK」作者・桜庭一樹さんによって書かれたエントリーには、武田日向さんとの出会いから、最後に「GOSICK」の絵を描いた時期までを振り返り、「ご体調が万全ではない中、渾身の力で完成させてくださったのだと、聞きました」と感謝と尊敬の念を綴っている。


1巻の装画を受け取ったときの驚きを、いまも覚えています。
キャラクターの魅力と個性、図書館塔の空間把握。なんと密で大胆な絵か……!
2巻以降は、この作品にはこの絵があるという前提で、原稿を書くようになりました。
負けないようにとがんばって書くのですが、イラストはそれを軽々超えて、届き、届き、届き続けました。

出典:武田日向さん|『GOSICK-ゴシック-』公式ブログ|KADOKAWA


武田日向さんがイラストを手掛けた「GOSICK -ゴシック-」や、自身の漫画「異国迷路のクロワーゼ」はアニメ化も果たしている。



原作はもちろんアニメも良かった…武田先生のイラストあっての功績。

クロワーゼが止まってた事から察するにだいぶ前から悪くされていたのだろう。お疲れ様でございました。



GOSICK-ゴシック- Blu-ray BOX
角川書店 (2013-02-22)
売り上げランキング: 8,563


■関連リンク
武田日向さん|『GOSICK-ゴシック-』公式ブログ|KADOKAWA
武田日向 - Wikipedia

桜庭一樹『GOSICK-ゴシック-』シリーズ公式サイト|KADOKAWA
GOSICK―ゴシック―(アーカイブ)

■関連記事


この記事をリツイートする

このサイトの読者になる


【オススメ】更新情報をスマホ/PCブラウザにプッシュ通知 (対応:Chrome/Firefox/Android/iOS)



ツイート
Facebook


更新情報


中の人ツイッター