このエントリーをはてなブックマークに追加
012



秋葉原・末広町エリア、ジャンク通りにハンバーガー店「HENRY'S BURGER」が9月19日にオープンした。

店主・中原健太郎氏がアメリカ・カリフォルニアに居住していた頃の呼び名「ヘンリー」からその名が付けられたハンバーガー屋は、代官山の出店に続く2店舗目。


ジャンク通りにオープンした「HENRY'S BURGER」
030


ジャンク通り、そば処松月庵の並びにオープンした「ヘンリーズバーガー」は、シングルのAコンボ(¥1,188)、ダブルのBコンボ(¥1,566)、トリプルのCコンボ(¥1,944)からチョイスして注文するシンプルなシステム。

いずれもセットにポテトとドリンクが付くが、ハンバーガー自体はパティのボリュームのみ異なるだけの3種類。


運ばれてきたコンボはお世辞にも派手な見た目とは言えないが、シンプルなトッピングに挟まれた「超粗挽き」のパティは、A5ランク黒毛和牛。

シンプルだからこそ無駄なく引き立つ、絶妙なバランスで生まれるコクは、高めにも思えた値段相応にリッチな味わいが口の中に広がる。


ガラス越しに肉を焼く様子が見られる1階
020

店内の食事は2階スペースへ
003

019

先に受け取ったドリンクを飲みながらしばし待つ
002

シンプルなメニュー表
007

010

注文したBコンボ(ダブル)到着
012

「超粗挽き」な肉はなかなかの存在感
013

017

015




オープニングだったからかスタッフの数が異常に居たけど、さすがに毎日あんだけ居るわけじゃないよな。

ここ数年この一帯は田中そば店とか肉汁麺ススムが頑張ってて、メシを食いに行くスポットとしてもそこそこ充実してきたけども。

一方でアニマックスカフェが閉店したりもしてるから、どれだけ頑張れるかは未知数だよな。



■関連リンク
HENRY'S BURGER | ヘンリーズバーガー

■関連記事


この記事をリツイートする

このサイトの読者になる


【オススメ】更新情報をスマホ/PCブラウザにプッシュ通知 (対応:Chrome/Firefox/Android/iOS)



ツイート
Facebook