このエントリーをはてなブックマークに追加
003
アニメ史に残る愚の骨頂



大人気TVアニメ「けものフレンズ」で一躍その名を広めたたつき監督が、今後制作される予定のアニメから降板する事が明らかに。

たつき監督本人のツイッターアカウントにて告知され、降板理由は「KADOKAWAの意向」。




アニメ「けものフレンズ」ではシリーズ構成、脚本も兼任したたつき監督は、アニメーションサークル「irodori」の自主制作作品を観たプロデューサー・福原慶匡氏にコミックマーケットで声を掛けられた事をきっかけに、アニメ制作会社・ヤオヨロズの設立や「けものフレンズ」の制作に携わった。


25日夜に突如発表された降板告知には、ファンのみならずヒットしたオープニング曲「ようこそジャパリパークへ」の生みの親、大石昌良さんらも動揺の声を寄せている。












あああああ、これは駄目だ、これは駄目だよカドカワ!!!!!!

けもフレコンテンツにおける一番やってはいけない事をやってしまったよこれは!!!!!!

裏でどういうやり取りがあったのかは知る由もないが、少なくともたつき監督が「残念」である事を表明してしまってるし、ファンが期待していた続編だって「"たつき監督の"けものフレンズ」を望んでたわけだよ。

これは問題にも程がある。

その評価を知ってか知らずか切り捨てた事実は、もはや"愚か"どころでは表現できない。どう落とし前つけるつもりだ。



ねんどろいど けものフレンズ かばん ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
グッドスマイルカンパニー (2018-04-30)
売り上げランキング: 7


■関連リンク
たつき - Wikipedia
けものフレンズプロジェクト|公式サイト

■関連記事
「けものフレンズ」コラボの東武動物公園に遊びに行ったら、けもフレ抜きでも超楽しかったフォトレポート


この記事をリツイートする

このサイトの読者になる


【オススメ】更新情報をスマホ/PCブラウザにプッシュ通知 (対応:Chrome/Firefox/Android/iOS)



ツイート
Facebook

更新情報


中の人ツイッター