047
遂にかんだ食堂まで



かつては「やっちゃ場」と呼ばれた神田青果市場で働く人達の胃袋を満たし続け、今でも秋葉原で働く人たちに愛される昭和33年創業の「かんだ食堂」が、2018年3月24日(土)をもって閉店する。

店頭には閉店を告知する張り紙が貼られた。


閉店を発表した「かんだ食堂」
040

閉店告知
043



お知らせ

昭和三十三年開店以来
五十九年余りに渡り
お引立て頂きまして
ありがとうございます。

突然ではございますが、
この度諸般の事情により
閉店することとなりました。

これまで賜りました
皆様の長年に渡るご愛顧を
心から感謝申し上げます。

三月二十四日(土)までの営業となります。

【店頭の閉店告知】


突然の閉店となってしまった理由は、入居するビルのオーナーが建物の売却を決めてしまい、立ち退きせざるを得ない状況となってしまった為

昼食、夕食はもちろん、仕事帰りの一杯などで立ち寄る人も多かった「かんだ食堂」。

しばらくは閉店を惜しむ人たちが店前に行列を作る様子を見る事になりそうだ。


豚生姜焼定食(750円)
046

メニュー
041

042

044

閉店が知れ渡った為か店前には行列
047




(追記)

193

197

201

207




冨貴の閉店も記憶に新しいだろうが、いよいよもって街の隆盛期を支えてきたメシ屋が終わりを迎えるステージにきてしまった。

秋葉原のメシ屋相場も知らんスレの馬鹿どもが定食が高いだなんだ鼻垂らしながら書いてるのは適当にあしらうとして、並ぶだろうが行ける時に行っときたいところ。





■関連リンク

■関連記事


この記事をリツイートする

このサイトの読者になる

更新情報


中の人ツイッター



ツイート
Facebook