このエントリーをはてなブックマークに追加
三木一馬




「とある魔術の禁書目録」「ソードアート・オンライン」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」等、電撃文庫のヒット作を多数担当してきたライトノベル編集者・三木一馬氏がKADOKAWAを退職。

新たに4月1日より、作家のエージェント会社「ストレートエッジ」を立ち上げたことを明らかにした。

三木一馬氏のnoteによると、独立し新会社を設立したのは「元の会社とケンカ別れをしたとか、ウマが合わずに離脱したとか、横領がバレてクビになったとか、そういったことではありません」としながらも、編集部や上層部の都合を優先しなければならない「避けられない事情」が作家や創作物のベストを出しきれていなかった事を吐露。

そのうえで、「『作品第一主義』で考え最大限にプロデュースしていく機能をもった会社」を目指すべく、「ストレージエッジ」の立ち上げへと至ったようだ。


新会社の公式サイトに掲載された「当社の強み」は以下のようなもの。

「大人の都合」によらない、常にクリエイターとユーザーを第一とした「面白い作品」の開発。

上記を保証する、国内のエンタメ系小説業界トップクラスの編集者によるトータルのサポート。

クリエイターにもっとも重要な、創作に集中できる環境の提供。

20以上のアニメプロジェクトを経て培った様々な業種の広い人脈を駆使した、独自メディアミックスの戦略的構築。

クリエイターと密接に繋げた、斬新なプロモーション展開の立案。

契約書や条件交渉のリーガル面・ビジネス面における、顧問弁護士を交えた丁寧なコンサルティング。

ベテランマーケターによる出版・映像・ゲーム等、エンタテインメント業界の市場データ提供。

出典:株式会社ストレートエッジ Straight Edge inc.



また、公式サイトでは契約作家も公開されており、「とある魔術の禁書目録」の鎌池和馬氏、「アクセル・ワールド」の川原礫氏、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の伏見つかさ氏といった人気作家らが名を連ねている。


「ストレージエッジ」契約作家

鎌池和馬(「とある魔術の禁書目録」「ヘヴィーオブジェクト」他)
川原 礫(「アクセル・ワールド」「ソードアート・オンライン」他)
伏見 つかさ(「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」)
佐島 勤(「魔法科高校の劣等生」)
三秋 縋(「スターティング・オーヴァー」他)
駱駝(「俺を好きなのはお前だけかよ」)
abec(イラストレーター / 「ソードアート・オンライン」他)
石田可奈(イラストレーター / 「魔法科高校の劣等生」)



Twitterでこの記事をシェア







面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録
三木一馬
KADOKAWA (2015-12-09)
売り上げランキング: 87,770








■関連リンク
株式会社ストレートエッジ Straight Edge inc.
エージェント会社ストレートエッジコラム第一回『ちょっと今から会社やめてくる』|三木一馬|note
三木一馬 - Wikipedia



ツイート
Facebook