このエントリーをはてなブックマークに追加
001




秋葉原の食事情を51年間支えてきた老舗「とんかつ 冨貴」が、9月28日をもって閉店した。


9月28日に閉店した「とんかつ 冨貴」


「とんかつ 冨貴」は1964年創業(とされている)の老舗店舗として広く親しまれ、近年では人気アニメ「ラブライブ!」のワンシーンにも登場し、アニメのファンが"聖地"として訪れる場所にもなっている。

その名を知る人たちに衝撃が広がった閉店告知の張り紙には「この度、五十一年間という永きに亘り、皆様に親しまれ愛されて参りました、とんかつ冨貴は、都合により、去る九月二十八日をもって閉店とさせて頂く事になりました」と綴られた。

その話題がSNS等で広く知れ渡ると、日中のみの営業という事もあり店には連日の行列ができ、多くの人達の閉店を惜しむ声で溢れた。



閉店前に行列に並んだ
1時間半待ってようやく入店


このメニューも見納め


年季の入った店内の様子
「閉店のご挨拶」の張り紙もここに


最後に頂いたのは「上ひれかつ」
最後の味もいつもの「とんかつ冨貴」だった


最後の客が出るまで店前で待ち続けた人たち




のれんが下ろされた


51年間見守り続けたという招き猫


冨貴のお姉さま方たち。最後の記念に


長い間お疲れ様でした


なお、創業は「東京オリンピックの年の1964年」のはずで、本当なら今年で52年になるような気がしなくもないが、冨貴が「51年間」というのだから、そういう事にしておきたい。それが何年であれ、秋葉原に訪れた人の胃袋を半世紀も満たし続けてきた事に変わりはない。

店を閉めたあとに話をすることができたが、「30年やってきたけど私なんかは苦労していない。(店を始めた先代の)お母さんには本当に感謝してるのよ。"冨貴"って本当に良い名前よね」など、長々と思い出を語ってくれ、訪れた人が最後まで見守る様子を見て「店をやってきて今日が一番幸せ」という声も聞く事ができたのが嬉しい。


また一つ秋葉原で馴染みの深い店が終わりを告げてしまった。長い間お疲れ様でした。ご馳走様でした。



この記事をリツイートする

このサイトの読者になる


【オススメ】更新情報をスマホ/PCブラウザにプッシュ通知 (対応:Chrome/Firefox/Android/iOS)



ツイート
Facebook

更新情報


中の人ツイッター