このエントリーをはてなブックマークに追加
0311末広町交差点の近く、GIGABYTEショールーム跡地に中華食堂『大阪王将』末広町店が本日11日にオープン。ということで、さっそく店内に突撃して食べてきました。





002
オープンした場所は末広町交差点近く、GIGABYTEショールーム跡地で、牛丼屋すき家の並びに位置しています(千代田区外神田6-14-7)。


003
午前11時のオープン前、店前には数名の方がすでに待機をしていました。


010

011
勇ましい文体の「大阪王将」の看板が堂々としています。


013
入り口の脇ではテイクアウトも可能なようです。


015

004
立て看板には『いっぱい飲んでいっぱい笑える!』『末広町 大阪王将 ついに上陸』など書いてあります。


005

007

008
11時から15時までのお昼のメニューは「日替わり弁当(750円)」「餃子弁当(750円)」「五目炒飯(600円)」「ラーメン・炒飯セット(880円)」「“具だくさん”五目あんかけご飯(700円)」「元祖焼餃子(230円)」といったラインナップ。


016
さっそく入店。大阪王将といえば(?)餃子。ということで、さっそく餃子と炒飯を注文します。お昼ごはんは『セルフサービス』とのことで、入口はいってすぐのレジで注文の後に番号札をもらい、注文した品と札を引き換えます。


017

025
店内では慌しくスタッフが料理を作っていました。


026

018
店内の内装はカフェのような作りになっていて、これなら女性でも気軽に入ることができそう。


021

027

028

022
「こだわり宣言」。 スタッフの笑顔と餃子がとても眩しいです。


035
テーブルには箸や餃子のタレなどが並びます。


029
そしてやってきました、「五目炒飯」と「元祖焼餃子」。アキバで大阪王将の餃子が食べられる日が来るとは・・・といったちょっとした感動とともに頂きます。


030

031

032

033


オープン初日ともあって、慌しく動くスタッフさんはややテンパってるようにも見えましたが、ご飯や炒飯のおかわりなどもできるという大阪王将、これから何度も足を運ぶことになりそうです。











■関連記事



■関連リンク
餃子の美味しい中華食堂 大阪王将
ASCII.jp:GIGABYTEショールーム跡地に「大阪王将」が11日にオープン
末広町に大阪王将が5月にオープン : アキバ日報



Q.この記事は役に勃ちましたか?

1781―― 当ブログを気に入って頂けたようでしたら、是非RSS登録やブックマークをどうぞ。管理人@いおり村長はtwitterもやってます。













ツイート
Facebook


更新情報


中の人ツイッター