このエントリーをはてなブックマークに追加
no titleワンダーフェスティバル2012[夏]で出展していたカマドのブースでは、第二次世界大戦時に使われてたドイツ軍車両「ケッテンクラート」が展示されてた。綺麗な見た目にレプリカと勘違いしてしまうほどなんだけど、実はレストアした実際の軍用車両なんだとか。


172
展示された「ケッテンクラート」は1944年12月に生産された最終生産型。戦後カナダ軍が接収の後、アメリカ人コレクターの手に渡ったものを日本人に買い取られ放置されていたもので、さらにそれを買い取ってレストアしたんだとか。

社長の小部屋によると、『ドイツ空軍の要求により、空挺作戦向け牽引車として企画された車両ですが、アフリカの砂漠からロシアの泥濘地まで活躍の場を広げ、空軍はもちろん陸軍や親衛隊でも使用されました』なんだそう。


174
車輪がいっぱい。スコップなども取り付けられてる。

173

175
希望があれば販売もできるそうで、価格は1200万円ほどだとか。

179
カマドブースでは1/20スケール「戦艦大和九四式46センチ砲」の模型なども展示されてた。

178












■関連記事


■関連リンク
ワンダーフェスティバル|Wonder Festival
株式会社カマド
社長の小部屋
ケッテンクラート - Wikipedia



Q.この記事は役に勃ちましたか?

1781―― 当ブログを気に入って頂けたようでしたら、是非RSS登録やブックマークをどうぞ。管理人@いおり村長はtwitterもやってます。








ツイート
Facebook