「麺舎 十紋字」




がんこ八代目跡地にオープンした「麺舎 十紋字」は正統派な濃厚家系ラーメン店

「神田ラーメン わいず」の系列店として、蔵前橋通りの「がんこ 八代目」跡地に「麺舎 十紋字」が2日にオープン。早速食べてきたのでご紹介。


2日にオープンした「麺舎 十紋字」
017

食券券売機に並んだメニューの様子はこんな感じ。
018

人気No.1は「のりたまラーメン(940円)」。次いで「キャベたまラーメン(940円)」、「チャーシューメン(990円)」が人気だとか。

ノーマルな「ラーメン」は720円というお値段で、そのほか「たまごラーメン」「のりラーメン」「キャベツもやしラーメン」「ほうれん草ラーメン」「ネギ玉ラーメン」「のり玉チャーシューメン」といったラインナップ。100円で大盛りにも。

トッピングには「丸ねぎ増」「半熟玉子」「キャベツもやし」「ほうれん草」「チャーシュー」「ねぎ」、白飯は通常のライスのほか、たまごかけライスもある模様。

そんなわけで初日は人気No.1と謳う「のりたまラーメン」の食券をポチることに。
019

食券を買って外から店内の様子を眺めた様子。席は9席。待っている間に麺の硬さを指定する。
020

席について卓の調味料を確認。左からニンニク、豆板醤、酢、ブラックペッパーとよくある感じだ。
021

待つこと数分、新人(しかも外人)の方がめっちゃ不器用にラーメンを差し出してきてめっちゃ手にスープが掛かり、「アッツアッチャアッツッッ」となりながら丼を受け取る。

そんなわけで「のりたまラーメン」どーん。
022


具はほうれん草、チャーシュー、海苔、半熟玉子がトッピング。

油がよく浮いた豚骨醤油のスープはなかなか濃厚でうまうま。
中太の縮れ麺は程よい弾力でスープとよく絡む。中央に盛られたほうれん草もスープによく付けて食べるといい感じ。
023

025

チャーシューは薄めにスライスされているものの、ジュワっと溢れる肉汁と柔らかい食感は結構イケる。
024


独特の個性はないものの、これぞ正統派なザ・家系といった具合でおいしく完食。

なお、2月の営業時間は11:30~21:30、スープがなくなり次第終了、毎週月曜が定休日となるとのこと。

そんな「麺舎 十紋字」の場所はこちら





ラーメンウォーカームック ラーメンWalker東京23区2015 61805-87

KADOKAWA/角川マガジンズ (2014-10-03)
売り上げランキング: 64,878








■関連記事



ツイート
Facebook