横浜家系ラーメン「武骨家」が秋葉原にオープン




【追記】2016年5月に閉店しました



中央通りに家系「武骨家」オープン、深夜営業はいつまで続くか

鶴見や茅ヶ崎、都内では恵比寿で展開している「横浜家系ラーメン 武骨家」が秋葉原にも18日オープンした。

中央通りの「元祖寿司」跡地にオープンしたこの店は内装の工事から開店までかなりの急ピッチで進められ、気が付いたころには派手な装いの店がトレーダー本店脇に出現していた、という印象。

また増えた麺屋にいよいよ秋葉原も(レベルの高さ抜きにしても)ラーメン激戦地となってきたわけだが、オープンしたからには一度は食べてみにゃあならん。というわけでご紹介。



「武骨家 秋葉原店」がオープンしたのは中央通りトレーダー本店とイオシス中央通に挟まれた「元祖寿司」の跡地。
062

元祖寿司の頃とは違い2階席もあるようで、1階は22席、2階は24席とかなりの余裕がある。


オープンから17時までの時間限定でライスが食べ放題(麺類注文で)
063


そして驚くべきは営業時間はなんと11時から翌朝4時まで。大丈夫?ここ秋葉原だよ?
065

強がって深夜まで営業でオープンしてきた店が次々と断念し営業時間を変えてきた秋葉原だよ?

お向かいに朝5時までやってるドンキがあるとはいえ、なかなか無謀な選択をしてしまった感は否めない。「この店いつ営業時間変えるだろうね」といった賭けは界隈では既にどこかで始まっている。

さてどんなラインナップかというと、
064

・豚骨ラーメン
・豚骨SP
・豚骨ネギ
・魚介つけ麺
・魚介辛つけ麺
・魚介醤油ラーメン

とメインはだいたいこんな感じみたい。


ご入店。店内の様子はこんな感じ
075


「賢い人は徹底的に楽天家である」「失敗は回り道 行き止まりではない」などの格言が掲げられた板がゼーレのモノリスばりに四方から囲んでくる。

おつまみ系も充実
066


卓上調味料もよくある家系的な感じ
067

069


2階にはトイレ・テーブル席があり、そこそこの人数でラーメン食うかーみたいなノリには打ってつけかも。
070


注文時に油の量・味の濃さ・麺の固さをオーダー可能
068


そんなわけで待つこと数分やってきました。今回頼んだのはトッピング系も確かめる意味で「豚骨SP」。
071

SPはノーマルに海苔、チャーシュー、味玉が増す形になる模様。

072


白濁スープは見た目通りになかなかオイリーで、豚骨感はそこまで濃くはない。麺は平打ち太麺、量は多いとは言えないが値段相応(秋葉原相場基準)。
073

ちょうど良いと言えばちょうど良いし、酒を飲んだあとのシメに寄りたい適量具合な気はする。

074

チャーシューも家系によくあるそれ。というか、全体的に「あ、まぁスタンダードな家系ですね」という感じで、普通に美味い、という感想に落ち着いた。


電気街エリアはこの手の家系競合は意外と少なめなので、一定の需要はあるようにも感じる。















ツイート
Facebook