このエントリーをはてなブックマークに追加
000




キルミー声優・高部あい、コカイン所持逮捕・・・2期は絶望的か

衝撃が走った。

「キルミーベイベー」呉織あぎり役として知られる女優・声優・タレントの高部あいが、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で今月15日に逮捕された。東スポの取材により明らかになった。

警察関係者は「所持品や家宅捜索で、コカインや向精神薬などが出てきたと聞いている。現在は警視庁の女子留置場に勾留されている」と明かした。



どしたのコカコカ。 などと言っている場合ではない。

「理由はどうあれとりあえず逮捕されちゃあね・・・」 という事で、契約書にのっとり所属事務所とも契約解除という形に。

それだけに終わらず、「キルミーベイベー」アニメ公式サイトのキャスト一覧からも名前が消される事態となっており、「もうウチら業界とは関係ないんで」という扱いになっているらしい。



声豚もとい声優ファンは「いつあの声優が結婚してしまうのか」という死の宣告をされぬよう日々戦々恐々しているわけだが、まさか声優がヤクで捕まるとは完全に想定外だったのではないだろうか。

逆に考えるなら「あぎりのあの声はやっぱりシャブ中じゃねぇと出せねーよな」という考察まで挙がってしまいそうだが、東スポ紙面によると、



さすがキルミー声優、「キメセク」である。

セックス・ドラッグ・キルミーベイベーだ。

ちなみにコカインの作用としては「中枢神経興奮作用によって快感を得て、一時的に爽快な気分になる」「中枢神経に作用して、精神を高揚させる働きを持つ」(Wikipedia)のだそうで、精神依存も“極めて強い部類に含まれる”とされている。

「キルミーベイベー」という名の向精神薬があるにも関わらずコカインに手を出してしまったとなると、その作用も相当なものなのだろう。まさに悪魔との契約だ。


なお、本件の話題がネットを駆け巡ってからというものの、「キルミー」BD-BOXのアマランは突然急上昇。ヨドバシドットコムでも売り切れ状態となっているという。

しかしAmazonプライムからは配信が絶たれおり、早々の撤収っぷりからしてパッケージ回収の恐れも否めない。

もし日本がアメリカのように大麻合法化の流れになっていたならば、キルミー2期も夢ではなかったかもしれないが、もはや絶望的としか言いようがない。



ついでに言うと、高部あいと言えば2009年放送の「青い花」で務めた“万城目ふみ”

個人的には彼女がキメセクをしていたかと思うと最高にアガる。

img_4
キメセクしたい


アガるよな!!!!!


キルミーベイベー (7) (まんがタイムKRコミックス)
カヅホ
芳文社 (2015-04-27)
売り上げランキング: 6,709








■関連リンク
キルミーベイベー 公式ホームページ|TBSテレビ



ツイート
Facebook


更新情報


中の人ツイッター